ブラックや無職でもクレジットカードを作る事は出来ます


ブラックや無職でクレジットカードを作るなら、まずはコレ!

デポジット型クレジットカードという名称はよく聞くと思います

しかし、このカードのメリットを本当に理解している方は少ない

と思いますので、分かりやすく簡潔にまとめさせて頂きます(‘◇’)ゞ

 

【デポジット型クレジットカードとは】

デポジットと言いましても、プリペイドカードとは意味合いが

異なりまして、「保証金」を入れておいて、その範囲内で使う

というものです

例えば、30万円を前もってカード会社に入金しておけば

30万円の限度額のクレジットカードとして利用出来、万一引落

が出来ない時は、速やかに「保証金」から差っ引かれるという

感じです。

ですから、デポジット(保証金)を50万円入れておけば限度額50

万円のクレジットカードどとして保有でき、正常に利用分を毎月

引落できていれば「保証金」もそのまま残っていますので

プリペイド方式ではなく、あくまでも最初だけ「保証金」を積んで

おくという事で、その積んだ金額が利用可能枠となります。
(デビットカードとの大きな違いは後段でご説明致します)

 

【無職や金融ブラックでも作れるのか?】

保証金を積んだ額が利用可能枠ですので、カード会社にはほぼ

リスクがありません、100%とは言えませんが基本的には作れます

審査が通らない状況としては、例えば過去に金融詐欺関連をして

いた場合(カード会社への虚偽の申告等も含まれます)や、

破産申し立てをして復権していない状態などです。
(この期間は様々な法的制限もなされます)

ただし、破産宣告も通常であれば(犯罪性などが無ければ)申し立て

から免責許可の決定が確定した段階で、一度だけ官報に載り

自動的に復権しますので制限期間は通常3ヶ月程度でしょう。
(本籍地の市区町村役場で身分証明書を取れば確認できます)

 

【デポジット型クレジットカードの大きなメリット】

ではデポジット型クレジットカードもデビットカードも同じでは

ないか?

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、全然違います。

純粋なデビットカードの場合はカード作成時に審査はありませんが

このカードは、口座残高にある現金を「即時」支払いに使えると

いう仕組みのモノであり、プリペイドカードと同じ様なものです。

ですから、どんなにデビットカードで決済しても、クレヒスは全く

つきませんし、そもそもデビットカードが使えない事も少なく

ありません。

対しまして、デポジット型クレジットカードの場合ですと

①クレヒスがしっかりつく
(決済実績が個人信用情報機関に積み上げられてゆく)

②ある程度(最低1年~3年)利用実績を積めば、通常のクレジット
 カードも発行してくれる会社も出てくる(異動情報があっても)

②については、通常5年間経過後「異動情報(金融事故情報)」が

個人信用情報機関から消えてから申込を行うのが理想ですが、

事故情報が残っていても、きちんとした支払い実績(クレヒス)を

一定期間積んでいれば、通常のクレジットカードを発行してくれる

会社も実際にあり

例えば、プロパーのアメックスやACマスターカード(アコム)、

三井住友NL(ナンバーレス)カードなどの発行実績は多々確認されて

います。

ですから、デビットカードを使うより、デポジット型クレジットカ

ードを使った方が、使い勝手も勿論良いし、先々の為の実績にも

なるという事です。

 

【おすすめのデポジット型クレジットカードは?】

代表的なものに、ライフカードとNexus Cardがありますが、年会費

はライフカードが5,500円、Nexus Cardが1,375円+カード発行時のみ

発行手数料550円(カード発行時のみ合計1,925円)となっています。

推奨の申込パターンとしては、まずライフカードの通常カードに申込

し、審査が通れば年会費も保証金も無しでクレジットカードが使え、

審査に落ちるとライフカードからデポジット型クレジットカードの

案内が来るので、それから申し込んでも遅くはありません。

または、通常のライフカードの審査に落ちたら、年会費が格段に安い

Nexus Cardに申し込むとかが良いでしょう。

注意点と致しましては、Nexus Cardはリボ払いも出来るのですが

リボ払いの利用は、クレヒス面にも良い影響は有りませんので基本的

に使わない方が良いと考えましょう。
デポジット型クレジットカード【Nexus Card】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA