腕時計を売る時には注意が必要?!腕時計買取店の裏話?!

腕時計買取店の裏話?!売る時には注意が必要?!

腕時計、売られた事はありますでしょうか?




スポンサーリンク




今回は特にブランド系の腕時計を売る場合のお話なのですが(セイコーなんかも入ります)

腕時計を売ろうと考えた時、まずどこに持っていこうと思われますか?

 

近年は、質屋さんのイメージが大分変わりまして、結構な割合の人が、質屋さんに持ち込む様ですね

もちろん、それはある意味正解なのですが、注意点があるのです

 

腕時計という商品は、非常に細かい査定ポイントがありまして、これは、一口で言えば人気です

もちろん、希少性も重要な要素の一つなのですが、何よりも人気があるかどうかで買取価格は大きく

変わって参ります(例えばロレックスでも、扱いはピンキリなのです)

 

ですから、セイコーでもロレックスでも、人気モデルに関しては、競合店の多い地域では競って

高値を付けようと努力してくるのですが

そうでもないモデルでは(例えば現行のロレックスエアキングなど)ハッキリ言って、叩いて来ます

 

これは別に、その商品がいらない訳ではありません

 

ロレックスはロレックスですので、売り易い、いい商品なのです

ですから、むしろ物凄く欲しい商材といえます

 

え?

じゃ、なんで一生懸命買取ろうとしないの?

 

これはちょっと考えれば単純な事でして、言い方を変えれば、ありふれたロレックスですから

買おうとする人も競って買う程の商品では無く、安ければ買ってもいいかな

というジャンルの商品となってしまうからなのです

 

当然お店側も、安く売れて利益の出る値段で買い取りたいですよね(そりゃそうでしょうね)

でも、お店ですから、いろいろな商材は是非とも欲しいし、重要には変わりません

 

しかし

この辺りの商品買取では、それなりにでも他店と競うというモードは1/3以下の力加減なのです

 

なぜでしょう?

 

欲しいんですよ、そういう価格帯の商材も!品揃えは客足に直結するのですからね

 

では、なぜだと思われますか?

 

実はこれ、聞くとちょいとカチンとくるのですが

この手の中途半端な品物を売りに来る客は、金に困っているから換金を急いでいる

という感覚があるからなのです

 

簡単に言いますと、この辺の売り客は、店の美味しい客でして、店側からすれば腕の見せ所

という事なのです(商売ですから、商売)

人気商材は、客引きパンダなので、むしろギリギリまで他店と競ってでもそろえる事が店の品格ですが

その分薄利多売になってしまいます
(そりゃそうですよね、普通に考えても)

 

なのでその分、どこかできちんと商売しなければ儲からない、というごく当然な論理ということです

そしてこれは、他店でも同じような事情という事なんですね、ですから皆

こういう商談チャンスが来ると、店員は燃えます!上手く納得させて出来るだけ安く買い取ろうと

一流の演技?と言いますか、努力をするという自然に足並み揃って、という事であります(自然原理)

それでは、俗に言う中途半端な位置の腕時計の場合どう売るのが一番高く売れるのか?

 

これはずば抜けて個人売買です!

 

メルカリでも、ヤフオクでもラクマでも(一番はメルカリかヤフオクかな)いいので高く売りたいなら

面倒ですが個人間売買サイトで売ってください、半端な腕時計はそうなんです!
(ノーブランドの中古品でも、それなりに売れちゃいますよ)

 

あとがき

腕時計という商品は、現代ではほんとに特殊な商材となりつつありまして、それは何故かというと

無ければ無いで良い道具であるし、邪魔と言えば邪魔な物であって、電波ソーラーが究極形であるのに

本当に値打ちがあるのが、不正確な機械式という過去の技術で作った製品であるという点です

言い換えれば、この製品、好きな人には無限の価値があるが、そうでもない人には

特別価値は無いという他にはあまり例を見ない特殊なジャンルとなってしまっている様です




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA