3分でわかる!家電レンタルのメリットとデメリットを超簡潔に解説!


短期的な一人暮らしの生活家電製品、レンタルは得なのか損なのか?

生活家電と言えば、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、というのが代表格ですが




スポンサーリンク




最近では、いろんな会社でレンタルを行っています

どこも大体、似たような料金なのですが、はたして、この家電レンタルのメリットとデメリットは?

超簡単に分かり易く列記してしまいましょう!

 

《家電レンタルのメリット》

・引っ越しの運搬が不要かつ、運搬費が全くかからない

・通常使用で壊れた場合は、無料で交換して貰える(修理費も不要)

・不要になったら、廃棄の運搬費用もリサイクル料も一切かからない

・次の引っ越しも、手ぶらで行える(最低限の荷物で可能)

 

家電レンタル業者は多いですが、どこの会社も上記が基本となりまして、万一故障や破損しても

使用者に過失がなければ、責任を問われたり、修理代や代替品の運送費を請求される事もありません

ただ、洗濯機などの場合によくありますが、外に置いた場合は、対象外になりますので、そこは注意!

それでは逆に、デメリットどうでしょうか?

 

《家電レンタルのデメリット》

・安いもので揃えるなら、買える位の金額がかかる

 

これは、6ヶ月~2年間位のレンタル料金で考えますと、会社によって微妙に違いますが

32型テレビ+全自動洗濯機+2ドア冷蔵庫+電子レンジセットで、8万(6ヶ月)~10万(2年間)

というのが大体の相場金額となります
(半年も2年間もそんなに変わらないので、2年位の方がお得ですね)

 

ちなみに、3ヶ月ですと7万~7万5千円位と微妙ですが、前後の引っ越し費用と手間を考えると

人によっては、レンタルの方が断然良い!となるケースもあります

 

逆にレンタルを考える長期間の場合、例えば4年間とかですと、大体12万前後といった感じなので

3年~4年間なら、引っ越し先が遠いほど、迷わずレンタルが良いでしょう!

 

何故なら、ほとんどの家電製品は、3年以上たつと、買い取ってもらえなくなるので、購入した場合は

運搬費用をかけて一緒に連れて行くか、同じく運搬費をかけて廃棄処分しなければならないからです

 

・自分の好きな色やデザインは一切選べない

送り込まれてくるレンタル家電は、すべてランダムに選定され、指定する事は出来ません
(どの会社でも同様と思って間違いなし)

まとめ

 

《家電レンタルの最大のメリット》

①前後の引っ越しの手間と費用がかからない

②故障しても無償で交換してもらえる

③廃棄時の手間や運搬費、リサイクル料を考える必用が無い

 

《家電レンタルのデメリット》

①2年を超える場合、ものにもよるが、購入するのと変わらないか、場合によってはそれ以上の金額になる可能性もある

②自分の好きな色やデザインが一切選べない

という事になります

 

この中でも最大のポイントは「引っ越し」に伴う手間と費用ですので、この辺りをどう考えるか

で、自分の場合はレンタルが良いか、買った方が良いか、が判断できると思います
(このあたりの感覚は、状況や動く範囲によっても、かなり違ってくるでしょう)




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA