amazonマスターカードの解約は簡単だが、本当に良いの?!


せっかく作ったamazonカード、なんで解約する人がいるんだろうか?

現代では、物を快適に買う為に欠かせないアイテムの一つに、クレジットカードなるものがあります




スポンサーリンク




物欲を満たすのに、もはや必須といえるもう一つのお財布とも言えますが

今回スポットを当てたいのは、amazonクレジットカード

審査と発行は三井住友銀行が担当しておりますが、このカードは、amazon会員カード

と言える特別なクレジットカードとなっています

 

《amazonで買い物してる人は間違いなくお得》

年会費無料のクラシックカードと、年会費が若干かかるゴールドカードがありますが

今回取り上げたいのは年会費無料のクラッシックカード

このカードを持っていれば、amazonで買い物すると、無条件で1.5%のポイントが付与されます
(ちなみにゴールドカードは、2.5%還元&Amazonプライム特典が使い放題)

 

1ポイント=1円換算で、1円単位から現金として使えるので

まぁ、お金と全く一緒です(amazon内で)

 

ウチなんかは、主に細かいものばかリですが、かなりamazonで調達しておりまして、理由は

 

①思い立った時に頼めるから

②安いから

③早いから

④なかなかお店に売っていない物も見つかるから

⑤注文し忘れが無い定期便が使えるから

 

なので、このカードを持っているだけで(作れば自動登録されます)勝手に1.5%還元される訳です

 

年会費完全無料ですよ、実質(年1回買い物すれば年会費無料)

 

amazon使うからカード作ったんでしょ?

 

なのに何で解約する必要があるのか全く意味が分からなくて、興味本位で調べてみたのですが

 

《何故わざわざ作ったamazonカードを解約するのか?》

新規入会のポイント欲しさにカードを作った人、というのが最も多いのではないかと推測致しました
(かなりの口コミを調べましたので、多分間違いないと思います)

まぁ、その中にもいろいろで、思っていた通りの付加特典が貰えなかったからとか

ポイントを貰ったので、用は無い、みたいなものも散見出来ました

 

まあね

別に個々人の自由ですから、お好きにされれば宜しいと思いますが、勿体ないですよね

年1回もamazonで買い物をしないなら分かりますが

それ以外の方なら、別に解約する必要性自体が存在しませんよね
(年1回でもamazonで買い物する方なら、年会費完全無料で1.5%還元されるんですよ)

与信枠が云々と言う方でしたら、枠を下げて貰えばいいだけの事です
(amazonカードは、枠を下げるのも解約も、電話1本で即出来ます※超簡単)

放っておけば、還元されるものを、わざわざ手間暇かけて解約するなんて、無駄というか損だな

と私は思いますが、どうでしょうか?

 

このブログテーマである「質実剛健」からは、程遠いなぁ、と感じますねぇ
(amazon便利でしょ、実際※まだまだ進化するんでしょうね、間違いなく)

株、もっと早く買っておくんだった(投資能力皆無)※10年遅かった

 

まとめ

勘違いしている方も多い様ですが

楽天カードやヤフーカードはamazonカードとは違いまして、他社のカードで決済しても

ヤフーポイントは、Tポイントカードを登録すれば付与されますし、カードのポイントはそれぞれの

カードの規約通り付与されます

楽天ポイントは、楽天カードでなくとも、1%ポイントが付きますし、やはりカードのポイントも

それぞれお持ちのカードの規約通り付与されます

 

しかし、amazonポイントは特定のもの以外は、他のカードではほとんど付与されませんので

このポイントを貰うには、amazonカードを持つ以外に無いのです

 

2016年時点でもamazonの取り扱い商品数は3億5.000万点を超えており(マーケットプレイス含む)

一度でも利用した方は、その利便性を良く分かっている事でしょう

amazonカードを解約しようとしている方は、今一度よく考えた方が良いと言えますし

逆に持っていない方で、年1回以上amazonを利用する方は、マスタークラシックだけでも

作った方がお得です、年会費も一切かかりませんから!




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA