個人事業主にお勧めの限度額高めのクレジットカード


個人事業主にお勧めの限度額高めのクレジットカード

個人事業主、自営業とも言いますが、いわゆる法人成りしていない

フリーランスで生きておられる方々を指します。

そういう方にお勧めのクレジットカードはどういうカードでしょう?

 

【フリーランスにお勧めのクレジットカードの3つの要件】

①限度額を高目に設定してくれるクレジットカード

②社会的に信用度が高く見えるクレジットカード

③フリーランスに寛容な発行会社

 

まず①は、個人事業主にとってクレジットカードの限度額は高目の方

が何かと都合が良いと言えます

もちろん、事業系決済が表向き好ましくないカードも多々ありますが

実際はいちいち申告などしませんので発行会社にはわかりません。

限度額の低いカードを複数枚重複して使うのは、その他の金融審査時

に不利に働く場合がありますので

個人事業主は、せいぜい1~2枚程度のカードを使い分ける位が理想的

と考えます。

であれば、やはり限度額は高い方が良いのです。

 

次に②についてですが、金融審査(各情報機関)時に必ず見られる情報に

消費者金融系よりは流通系、流通系よりは信販系、出来れば銀行系の

クレジットカード契約があった方が、有利に働く事が多いと言えます。

つまり、カード発行会社は「銀行系」が理想と言えます。

 

最後の③ですが、当然ですが個人事業主に対して審査が好意的な発行会

社でなければなりません。

さて

それら3点を備えるクレジットカード(発行元※銀行系)はあるのか?

 

【3台メガバンクのここが良い】

実は3大メガバンク系にお勧めのところがあります。

三大メガバンクとは、「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」

「みずほ銀行」ですが、この中で一番フリーランスに渋い傾向なのが

みずほ銀行、三住と三菱は審査面では個人事業主にも寛容な傾向ですが

三井住友銀行は、最初の限度額は渋い傾向で、キャッシング枠も所得証

明無しでは申込出来ない仕様となっています。

キャッシングは使わないという方でも、いざの緊急時用に10万円程度の

枠は絶対に会った方が安心です。

また、三井住友は、デュアル発行でカードブランドを追加発行した際

新たに発行したカードの限度額は、共通枠にも関わらず初期値の限度額

で発行してきます
(例:先発行は200、後発行は100とか、共通枠なのになんで???)

ところが、三菱東京UFJのクレジットカードは、個人事業主に寛容で

しかも、限度額も高目に発行してくれる傾向が強く、また自動増枠も

積極的に行ってくれて、デュアル発行でカードブランドを追加発行の際

も共通枠ですが限度額は育てたカードと完全に同額で発行してくれます

さらに、キャッシング枠も10万円が勝手についてきたり、申請する際も

最低の10万円なら、所得証明などの提出も信用情報に傷が無ければあり

ません。

 

【ズバリ、個人事業主にお勧めのクレジットカード】

以上の傾向性を加味しますとフリーランスにお勧めのクレジットカード

は、三菱UFJカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

です。
(アメックスブランドは会員獲得に力を入れており、発行により積極的)

三大メガバンク系のゴールドカードですが、年会費は税込2,095円

初年度年会費は無料です。

このカードでデュアルスタイルでVISAブランドも発行すれば、完璧です

2枚目のゴールドカードも限度額同額で年会費は275円で維持できます

三大メガバンク系+ゴールドカード+高限度額

この3つを備えた個人事業主に理想の最初のクレジットカード(会社)!
(その他はお好みで発行しても良いでしょう※6ヶ月位空けてがBest)

新設したての会社や、個人事業主でもOKの高速情報協同組合ガソリン
カードを発行するのもありかも知れません
クレジット審査なし!法人ガソリンカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA