個人信用情報の開示手順(ネットですぐに確認)


個人信用情報ネット開示手順

クレジットカードの審査が通らない!

そんな時は、一度自分の信用情報を確認してみましょう。

今は本当に便利な時代でして、パソコンやスマホから「即」確認

出来てしまいます!

その手順を、今回はPCで確認例としてご紹介致します。

 

【CIC個人情報開示手順-例:PC-】

まずは対応ブラウザ又はスマホOSを確認してください

パソコンで開示の場合▶インターネットエクスプローラー11かエッジ
スマートフォンの場合▶android5,0又はios7,06以降の機種

①まずはCICにジャンプ(クリックでジャンプ)⇓

②0570-021-717に電話して受付番号を取得します
※この時、クレジットカード情報を電話のボタンで入力するので
手元にクレジットカードを準備しておきます(開示料1,000円)

③下の方にスクロールすると「開示専用ページへの移動」の項目
あるので、スマホ又はPCからのどちらかのボタンを押す
(今回はPCで説明します)

④ご利用前の最終確認ボタンを押す

⑤少し下にスクロールすると、「パソコンで開示」ボタンがあるので
ボタンを押す

⑥次の画面が出るので「承諾」を押す→インターネット開示を行うボタン

⑦次の画面で必須項目は全て入力
※クレジットカード情報は最初に電話で入力したカード以外はエラー
になってしまいますので注意

⑧入力が出来たら「次へ」ボタン

⑨情報開示のPDFが出るので、デスクトップ等に保存する
(ファイルを開くパスワードをメモしておくかスクショを撮る)

⑩ファイルを開くときに先ほどのパスワード入力を求められるので入れる

⑪自分の信用情報が開きます

以上が手順となります。

 

【情報の見方※ポイント】

①は支払い状況、②は入金状況を表しています

①は見た通りですぐにわかりますが、②は、記号になっていて、意味は

↑上記記号の中で、$マークかーマーク以外が付いていたら

いわゆるマイナス情報なので、場合によって俗にいうブラック情報

となり得ます。

特に①の返済状況の欄に「異動」と入っていた場合、完全にブラック

となっています(この場合5年~最長10年は消えません)

②の記号のネガティブな記号は、毎月押し出されて行くので、24ヶ月

で自動的に押し出されます。

この辺りが最も重要な情報となっており、以下注意するとすれば

最後の方のページに「申込情報」が出ていますが、これが短期間に

多すぎると、俗に言う「申込ブラック」状態となっていて審査に落ち

安くなります(これは半年でリセットされます)

いかがでしょうか?

何も無くても、定期的に自分の信用情報を確認するのも良いかも知れ

ませんね。

※クレジットカードは、遅れず、忘れずが原則であり、当たり前(超重要)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA