コロナ特例貸付金で破産者続出!国は助けてはくれない


コロナ特例貸付金で破産者続出!国は助けてはくれない

共同通信によりますと

コロナ禍で減収した世帯に生活資金を公費から特例で

貸し付ける制度を巡り 返済が難しく自己破産や債務整理

の手続きをした利用者が全国で少なくとも約5千人いる事が

4/30日、共同通信の全国調査で分かりました

1人で複数回借りる人も多く、貸付件数では約1万8千件に

上り返済困難な金額は、回答が得られた分だけで約20億円

となったそうです

⇓明日は我が身、国は助けてはくれない実例

都道府県の社会福祉協議会が5〜6月をめどに返済の要否を

各世帯に知らせる予定となっているが・・・

その前に、今一度「免除」の規定範囲を部分的または一部でも

緩和させる見直しを行うべきではないだろうか?

経済の基本は、国の債務=国民の資産であるわけで、国が国民に

対して債務を負う事は、決して国の損失とは言えない・・・

国の債務が膨らんで行っても、GDPが上がってゆけば何も問題は無

く、むしろそれは本来の正しい姿である(どこの国もそうである)

その為には、本気になって国民一人一人を「豊」にしていく政策

を打って行かなければ、日本の経済力低下はどんどん進んで行く

という流れは止まらない・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA