4630万円「返還拒否」は罪に問えない?24歳男性の顔公開


4630万円「返還拒否」は罪に問えない?24歳男性は?!

誤入金があったのは、コロナ禍で苦しむ家庭を支援する

臨時特別給付金で 本来の支給額は1世帯10万円ですが

町は4月初旬、対象の全463世帯とそれぞれの振込先を記録

したフロッピーディスクを金融機関に提出、ところが

どうしてそうなったのか担当職員が1世帯だけ記載された振り込み

依頼書を金融機関に提出し、463世帯分にあたる4630万円が

8日、この1人の世帯主に振り込まれたという事なんですね

問題が発覚した8日、すぐに町の担当者は振り込んでしまった世帯主

に謝罪し、4630万円の返還を求めたところ

世帯主は当初、返還に応じる姿勢を見せていたのですが

その後、電話やメールでの連絡がつきにくくなり、次に会えた

6日後の14日には、世帯主は一転して「誤入金した役場が悪い」

との趣旨の発言をしさらに1週間後、つまり誤振込から約2週間後

の21日、職員が外出した世帯主に接触し 声をかけると

「お金は口座から動かし、戻せない。罪は償う」

と告げられたという顛末となっており、現在 当該世帯主の男性は

仕事も辞め 雲隠れ状態になっているという事なんですね

この世帯主の男性ですが 年齢は24歳で田口翔さんという方

2020年の10月に町の「空き家バンク」制度を利用して県内の別の地域

から移住してきまして、県内の店で働きながら一人暮らしをしていた

そうなんですが、誤振込があった8日から、約2週間かけて

現金を引き出し続け、ほとんどの金をどこかに移動した上で

雲隠れしている状況になっています

⇓4630万円持ち逃げ男性の顛末は?!

4,630万円持逃げ状態の世帯主さんは

田口 翔さんデータ


出された書状

空き家バンクで入居した田口翔さん宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA